「対案を出す」といっていたけど

与党や政権の暴走っぷりが危ぶまれるようになって久しいですが、それ以上にどうかなと思っちゃうのが、野党の「批判しかできません」な無能っぷり。民進党の蓮舫代表って、「対案を出していきたい」といって代表になったと記憶しているのですが、結局は安倍批判と揚げ足取りに必死になっちゃう。いやいやいや、批判の前に、国民に選んでもらえる案を出してくれよ、と。そのあたりを報道してくれないメディアの責任もあると思うのですが、その姿勢だと、自民一択になっちゃうのも仕方ないですよね。今の民進党に政権が担えるとは思えませんし。野党が一緒になって、安倍首相のHPを少しでも削ろうと奮闘している画にしか見えません。それも、議論で勝つっていうより、批判批判と袋だたき、、みたいな?もっと考えて、与党との折り合いもつけながら、大人として議論してくれれば、見る目も変わると思います。この前選挙法の改案で有権者となって、政治のニュースに興味をもった身としては、今のままの政権状態で、日本がよくなるとは考えられないんです。だからこそ、野党の政治家さんには、建設的な議論をしていっていただきたいです。そろそろなんとかしてもらわないと、あの…気持ち悪いので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です